FC2ブログ

個人プレイのご案内

2018年09月30日 23:16

【個人プレイのご予約方法】

 プレイご希望の日時、プレイ時間、プレイ場所、コース内容が決まりましたら、
 下記のメールまでお問い合わせください。

  prezisinfo@gmail.com

 メールでのやり取りが難しい方は、お電話でのお問い合わせも可能です。
 スタッフが電話を受け付け、私へのスケジュール確認をした後、再度お電話をいただく形になるので
 ご予約確定までに少しお時間がかかります。ご了承ください。

  電話受付 03-3546-7173

【個人プレイ 受付可能時間】

 月 11:00-20:00
 火 11:00-20:00
 水 11:00-20:00
 木 11:00-20:00
 金 11:00-20:00
 土 お休み
 日 11:00-24:00

 時間外のプレイに関しては、個別にお問い合わせください。
 タイミングによってはプレイ可能な場合もあります。

【プレイ料金】

 入会金3000円(初回のみ)

 2時間 30.000円
 2時間半 38.000円
 3時間 46.000円
 3時間半 54,000円
 4時間 62,000円

 以降30分延長ごとに8,000円追加となっていきます。
 私と面識のある方で、私経由のご予約の場合は、入会金はサービスさせて頂いております。

【プレイ場所】

 東麻布にあるアルファインを推奨しております。
 その他、ラブホテルやシティホテルへの出張も可能ですが、その際には別途交通費を頂くこととなります。

【コース別プレイ内容】

 ◉ミストレスコース
  SM全般を楽しんでいただく基本的なコースとなります。
  緊縛、鞭、蝋燭、アナルプレイ、フェチプレイ等々、プレイの内容は無限大です。
  初回にご記入頂くカウンセリングシートを元に、プレイ内容は私が決めていきます。
  細かいご希望等がある場合は事前にメール等でご相談下さい。

 ◉緊縛コース
  緊縛プレイを中心としたコースとなります。
  竹を使った縛りや吊り、荒縄、シュロ縄を使用することも可能です。
  拘束が好き、緊縛が好き、という方にオススメのコースとなっております。

 ◉マミーコース
  全身をミイラのようにグルグルと巻き上げるマミフィケーションプレイとなります。
  ストレッチフィルムやビニールテープを使用することが多いですが、
  お好みの部材がありましたら事前にお伝えください。

 ◉ラバープレイコース
  ラバーウェアやラバーマスク等を着用してのプレイとなります。
  ラバーでの拘束プレイやガスマスク等での呼吸管理プレイがお楽しみ頂けます。
  お客様が着用するラバー衣装はお持ち込みして頂くのが通常ですが、
  サイズによってはお貸しできるものもありますので事前にお問い合わせください。
  ラバープレイコースに関してはプレイ時間3時間以上とさせて頂いております。
  
  バキュームベッドでのプレイも可能なので、ご相談ください
  (別途オプション料金必要)

◉フェチプレイコース
  加虐や奴隷、陵辱といったSMからは少し離れて、それぞれのフェチを一緒に楽しんでいくコースとなっております。
  足フェチプレイ、汗フェチプレイ、素材フェチプレイ等々、、、、
  どんなフェチプレイを楽しみたいのか、事前にお伝えください。

その他、オールナイトプレイや、SM調教旅行プレイ等に関しては、別途ご相談ください。

墨にて名前を記す。

2012年07月22日 01:17

可愛がっているM男から、初めて提案されたのはもう何年前だったかな?
M男の身体に名前を焼き入れた事はあるし、私の名前の焼印を作ってきてくれた子もいる。
だけど、、、自らのペニスに私の名前を刺青したM男は初めて。

 刺青。


しかも「樹里」って画数が多いんだよね(笑)
私自身は刺青をいれる技術も道具も持っていないので、知人に紹介してもらった彫師さんなのだけど
「何でまた、こんなところに入れるかなー」と苦笑いされてみたり
「せめてローマ字かカタカナにしてみたら?」と誘惑されてみたりしたけど
やっぱり私はどうしても漢字が良かったので、そこは譲れない。

我慢するのはM男本人だしね☆


 刺青。 刺青。


途中、2度ほど貧血でダウンしながらも、無事に墨入れ終了。
痛みというよりは、緊張しすぎでダウンしていた感じ。
でも、私の名前自体は想像していた以上に、綺麗に入ったかも。

ちょっと嬉しい。
かなーり嬉しい。


 刺青。


全面モザイクになっちゃうけど、何となく雰囲気は分かるかな?

まだこれからまだ、この刺青は進化していくのだけど、
まずは一番大切な名前が入ったので、幸せ。

鞭奴隷。

2011年12月01日 11:31

鞭を打たれるためだけに呼び出されたM男2人。

普段、痛みを与えるだけのプレイはほとんどしないけど
時にはこんな形での「奴隷」に興奮したりもする。

痛みを与えるからとか、
ハードだからとか、
流血するからとか、そんなんじゃなくてね。

ただただ、目の前に「存在」している姿に興奮させられるのだと思うんだ。


 鞭奴隷。 鞭奴隷。


激しいプレイの写真を掲載すると怖がられる事も多いけど、
これは2人の鞭奴隷が必死になって「頑張った」証だから。。。

その身を託してくれて、ありがとう。



最新記事